お中元を贈る意味を知る

贈物をする機会は年間を通して多くありますが、日本では夏場ではお世話になった人にお中元を贈る習慣があります。古くから伝わる日本の風習というイメージがありますが、実はルーツは中国で7月15日は祖先を供養する中元と呼ばれる日がありました。その習慣が日本に伝わって、お盆の頃に贈物をするというスタイルに変化していったとされています。お中元を贈る時期も知っておきたいところですが、こちらも地域によって違いがありますのでよく確かめておきましょう。

東北や関東では7月初旬から15日ぐらいに贈られることが多くなっていますが、関西や中国地方では7月中旬から8月15日ぐらいまでということが多くなっています。人気のお中元の品にはどんなものがあるのかも知っておきたいところですが、贈る時期が夏の暑いさなかということもあり、夏を意識した商品が選ばれることが多くなっています。お酒の好きな方にはビールが喜ばれますし、暑い時期にもさっぱりと食べられるそうめんも定番の商品です。この他では季節のフルーツも喜ばれます。

子供や女性のいる家庭なら、ジュースやゼリーなどの冷夏も喜ばれますので、贈る相手の好みや家族構成などに合うものを選んでいきたいところです。お中元を贈る際の予算も気になるところですが、3000円~5000円ぐらいが相場とされています。特別お世話になっている人にはより高額な商品が選ばれることもありますが、相手に気を使わない程度の価格を選ぶことも大切です。お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です