お中元を贈る際のマナーを知る

上半期にお世話になった人にお中元を用意することを考えている人も多いのではないでしょうか。日頃の感謝の気持ちを形で示すことができますが、マナーを知らないとかえって失礼にあたる場合もあるので注意が必要です。まず、贈る相手は目上の方に贈ることが基本です。それゆえ、会社関係であれば上司になりますし、仕事以外ではお世話になっている親せきや義理の両親などに贈ることが多くなっています。

仕事関係でも、公務員などはお中元のやり取りが禁止になっていることもありますので注意が必要です。贈る側が喪中である、贈りたい相手が喪中である場合はどうすれば良いのかでも悩むところですが、お中元はお祝いというわけではありませんので、どちらが喪中でも特に問題はありません。そして、マナーとしては贈る時期を間違わないということも大事です。国内でも、どこでも同じ時期に贈られているというわけではなく、地域によって違いがありますのでこちらもよく確認しておきましょう。

熨斗をどのようにするかでも悩むところですが、お中元の場合は熨斗をかけるのが一般的です。紅白の蝶結びの水引のものを選び、上部にはお中元という文字を入れ、下部には贈る人の名前を書きます。最近は持参することが少なくなり、郵送で送られることも増えていますが、その場合は送り状を書いて贈物が届くことを相手に知らせておくことがマナーです。手紙でもハガキでも構いませんが、商品が着く前に届いていることが大切ですので、早めに用意しておきましょう。

お中元のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です